軸。

学び

こんにちは!!理容師の増田です。

ブログを読んでいただいてありがとうございます。
 西新宿で理容師をしています、増田です。最近は、スタイルの更新しかしていなかったので、
文章の更新もしたいなと思いました。

自分軸と他人軸

 理容師を初めて、はや17年が経とうとしていますが・・何年経っても学ぶことや反省することが多く、なかなかここまでできれば感が湧いてきません。特にここ半年くらいは、自分の常識だと思っていた事柄が全然常識じゃなかったり、当たり前だと思っていたことが、全然当たり前じゃなかったりしています。特に最近は【軸】に関して悩まされることが多いです。

 生きていると、必ず生じるのが【自分軸】と【他人軸】です。【自分軸】は簡単に自分はどう感じるか?と言う事。【他人軸】は簡単に他人がどう感じるか?ということ。【自分軸】と【他人軸】って切っても切り離せない物です。どんな物事にも自分の評価と他人の評価が生まれてしまうからです。

 僕は理容師という仕事柄、常に他人軸を大切にして生きていることになります。【自分軸】仕上がりがどうか?気持ちよかったか?ちゃんとできてたかということよりも【他人軸】でカッコいいか・感じがよかったか・満足したかということでしか評価がなされないからです。

相手に合わせるか・飛び抜けるか

中には、そんなの知らねーから!!といった感じで【自分軸】のみで前に進んでいける人がいます。このような方を見ると、パワー・センス・熱量を感じます。きっとそれは自分を信じて前に突き進んでいるからです。

 そんな人を見て、その雰囲気のみを真似する人もまた、多いなと思います。僕の周りにも、そーいった人って結構多いなーと思います。先輩の真似してるんだな、とか。あの人の真似してるのがわかるな、とか。でも、自分に美味しいところしか真似していない人が多いです。

 本物の【自分軸】主義の人って、自分のためにめちゃめちゃ行動します。練習も集客も経験も。全てが自分のためになる・自分の糧になるってわかっているからです。偽物の【自分軸主義者】は他人の評価を受ける自分を軸にしている人です。結局は、

【他人軸】で生きている!!

だけです。しかも、自分は【自分軸】で生きていると思い込んでいるから、【他人軸】で生きてる人を下に見たりします。でも、一番【他人軸】を気にして生きてる【えせ自分軸】の人が一番結果を残せない。結果を残せないことすら、他人の評価を気にしない【自分軸】の人間だから!!みたいな言い訳をしだす。要は、楽をしたんですよね。楽な人生を送りたい。

楽な人生を送りたかったら、圧倒的な努力で自分を評価させてしまう【自分軸】をもつか、世のため人のために何ができるかを追求する【他人軸】を持つか。

どっちかにしたほうがいい、余計なことに悩んでしまうことになります。

その悩んでる時間が楽に生きられない根本です。

タイトルとURLをコピーしました