イメチェン!!イケイケジェットモヒカン

ショートスタイル ツーブロック

無難だったスタイルを人にあまり会わないない今だからこそ・・・

・サイドが真横に生えている

・紙が直毛すぎて、ぺったんこになる

・いつもは、職場のこともあるし無難な感じで我慢してた。

【BEFORE】

(AFTERを見る)

 今、コロナウイルスによってリモートワークや短縮勤務などで以前よりも人に合わないというお客様が多くなりました。今回のお客様も人に会う機会が少ない今だからこそやりたかったけどできなかったスタイルに挑戦しようということで。

イケイケなバーバースタイルにしたい!!

というお声を今回いただきました。

このスタイルのポイント

3mmバリカンでサイドの毛を取っ払う攻めたツーブロックにして、前髪をがっつりあげる!!

今までは、あげても下がってきてしまう前髪のために・・・あげるのを諦めて、サイドに撫で付けるようなスタイルを選んでいたようです。でも、顔立ちもしっかりしてるし、鼻筋の強さを生かしたスタイルにした方がかっこいいなという印象だったので、しっかりあげるスタイルにしたいと思いました。

お客様は、なんとなくイメージはお持ちですが完璧ではない方がほとんどです。

カウンセリングしたら全く違うスタイルになる】

なんてことは、当たり前です。そして、

【ご自分のストロングポイント】

に気づいてない方も多くいらっしゃいます。
ご説明すると、納得していただける方が多いですし、いつも通りや・まーいーやでカウンセリングを終えていらしたお客様ってとっても多いんです。

今回の場合は、くせのない髪や強めのお顔立ちを考慮して、
・パーマをかけるという発想
・どうせならサイドを削ってしまう
という提案をご納得の上聞き入れていただきました。

今回は、

1.サイドは3mmで地肌が透けるくらいのツーブロック
(立ってしまうサイドの毛は根こそぎ刈ってしまいます)

2.形状記憶パーマで乾かしたら前髪が上がってるスタイルにする
(今まで癖がなさすぎてぺたんこになっていた髪の毛をあげる)

3.簡単に、でも今までやらなかったスタイルにセットできる
(強めのパーマと、多めのスキ具合でご自宅でも簡単にセットできるように)

特に、この3点に気をつけてカット&パーマしています。

どんな時にも、最善で・最良な選択肢があるはず

 今回とっても勉強になったのは、リモートで人に合わないということを、
新しいスタイルに挑戦するチャンスだと捉えていたお客様のポジティブな発想!!

 確かにそーいった意味でも今だからできることってあるんだなと思います。
・イメチェンもそうだし
・ヘアカラーを変えてみる
・いつもより短めにしてみる
理容師としてもいろいろもっと提案してもいいのかもなと思います。

【AFTER】

【BEFORE】に戻る

ご相談は
https://lin.ee/syns2yb

ご予約は
http://graceful-hair.co.jp/staffs/増田-祐二/

タイトルとURLをコピーしました